11月4日、原子力規制委員会が、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県)を安全に運転する能力が日本原子力研究開発機構(原子力機構)に欠けているとして、新たな運営主体を明示するように馳浩文部科学大臣に勧告することを決めたというニュースが流れてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1344文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題