(イラスト=小田嶋 隆)

 10月22日に実施された総選挙は、自民党が過半数の議席を確保し、公明党を含めた与党側が全議席の3分の2を占める結果に終わった。与党の議席数自体は改選前と比べて微減だが、全体としては政権側の勝利だろう。

 大きく変わったのは、野党の内訳だ。これまで野党第1党として88議席を持っていた民進党が消滅し、その代わりに立憲民主党と希望の党が誕生して、それぞれ、55議席、50議席を確保した。

 今後の動向は不透明だが、しかし、ある程度はっきりしているのは、希望の党が衰退ないしは消滅に向かっていることだと思う。

 選挙後の各紙の世論調査を見ると、希望の党の支持率は、投票日の時点から比べても明らかに低下している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1013文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。