維新の党の分裂騒動は、いよいよ泥仕合の様相を呈してきている。

 焦点のひとつは約13億3000万円にのぼる政党交付金の行方だ。

 政党の分裂に際しては「分派」か「分党」かで扱いが違う。「分派」では、党から出ていった議員には交付金は支払われない。「分党」の場合は、議員数などに応じて交付金が分配される。ちなみに、前身の「日本維新の会」が「維新の党」と「次世代の党」に分裂した時には、共同代表だった橋下徹氏と石原慎太郎氏の会談で「分党」とすることが決められた。