サウジアラビアの周辺がキナくさい。

 発端は、政府批判を繰り返してきたサウジ国籍のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入館後に行方不明になったことだった。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 ほどなく、同氏の安否について「総領事館の中で既に殺害された」という噂が流れはじめる。さらに、「遺体は切断のうえ外部に持ち出された」という出所不明の情報が流れはじめる。

 これらの噂を、当初、サウジ側は全面的に否定していた。まあ当然だろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1141文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。