9月末現在、10月の内閣改造では、下村博文文部科学相の辞任が確実視されている。9月25日の閣議後の記者会見で、下村文科相は、新国立競技場の整備計画が白紙撤回された責任を取って6カ月分の給与を自主返納し、あわせて24日の夜、安倍晋三首相に電話で辞任を申し出た旨を明らかにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1330文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題