イグ・ノーベル賞の扱いが年ごとに大きくなってきている。日本人の受賞が続いているからなのだろうが、とにかく、たいした出世だ。