自由民主党の総裁選は、9月8日、野田聖子・前総務会長が最終的に20人の推薦人を確保できずに出馬を断念したため、安倍晋三首相の無投票での再選という形で、あっけなく幕を閉じた。