8月29日の早朝、北海道・東北から関東地方にかけての12道県に住む少なからぬ数の日本人が、手持ちのスマートフォンか、でなければ地域に設置された防災行政無線から鳴り響いたJアラート(全国瞬時警報システム)の警報音で眠りを覚まされた。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 報道によれば、この日のJアラートは、北朝鮮によるミサイル発射の4分後に配信されている。ミサイルは、発射から8分後の午前6時6分ごろに北海道襟裳岬上空を通過しているので、件の警報音は、ミサイルが頭上を通過する4分前にその旨を知らせたことになる。なんというのか、形の上では「警報」の役割を果たしたわけだ。

 が、早朝にいきなり鳴った警報音は、当然のことながら、人々の心をおおいにかき乱すことになった。

 代表的なところでは、元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏が、ツイッター上で「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」と、強い口調で政府を非難している。このほか、「4分でどんな避難準備ができるというんだ?」「そもそもミサイル攻撃って、避難して助かるものなのか?」といったJアラートの運用そのものを疑問視する声が、SNSをはじめとするネット上に大量に書き込まれた。

 他方、「悪いのは北朝鮮なのにどうして政府を批判するのか」「数分でも、できることはある」「爆心地以外では、物陰に隠れるだけでも爆風の被害はずいぶん違う」といった擁護の声も多数寄せられ、夏休み最終週のSNSは朝っぱらから熱い議論の場になった。