総務省が「正義のハッカー」養成に乗り出すのだそうだ。ここで言う「正義のハッカー」とは、コンピューターやネットワーク技術に精通し、サイバー攻撃に対処できる専門家を意味する。