米紙ワシントン・ポストの電子版(8月28日付)によると、ドナルド・トランプ米大統領は、6月にホワイトハウスで安倍晋三首相と会談した際「真珠湾を忘れないぞ」と前置きした上で、通商問題の協議を始めたのだそうだ。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 びっくり仰天だ。が、過剰反応するのは得策ではない。これまでにもトランプ氏は、握手を求めるドイツのメルケル首相の手を冷然と無視してみせた。英国のエリザベス女王と謁見した折には、女王陛下の目の前に傲然と立ちふさがっている。つまり、トランプ氏の失礼は、彼自身の個性というのか、交渉(ディール)術の問題であって、これをもってただちに国際問題とするのは徒労だということだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1067文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。