勤め人の経験が浅いからなのか、私は人事にカンが働かない。書いていて情けない話だが、そう自覚している。

(イラスト=小田嶋 隆)

 新卒で入社した会社を半年ほどで辞めてから、30歳になるちょっと手前までの8年ほどの間、私は、非正規の働き手として、いくつかのメディア企業の周辺をうろうろしていた。そうした折、正社員の人々と酒を飲みに行く度に、毎度毎度驚かされたのは、彼らの「人事」への視線の熱さだった。

 ひとりのアルバイトの目から見ると、およそどうでもよい出来事にしか見えない「隣の部署の社員の栄転」や「下の階のエリートの異動という名の左遷」を、彼らはそれこそひいきのチームのエースがトレードでライバルチームに引き抜かれた時の野球ファンみたいな熱心さで、あれこれと論じていたものだった。