8月の初め、東京都の市場移転問題で、小池百合子東京都知事が公表した豊洲市場(江東区)と築地市場(中央区)の双方に機能を残す「豊洲移転・築地再開発」の方針について、財源や運営費などを検討した記録が残っていないことが、毎日新聞の情報公開請求によって明らかになった。

(イラスト=小田嶋 隆)

 最初に記事を読んだ時、あまりにもとてつもない話なので、にわかに事態を把握することができなかった。

 取材に対して、都の職員は「知事が外部有識者でブレーンの都顧問らと協議をしたため記録がない」と説明したのだそうだが、これも意味不明だ。というよりも開いた口がふさがらない。