先月末、日本銀行の金融政策決定会合において黒田東彦総裁は、異次元緩和を「より持続できるように」と、枠組みの変更を決めたといわれている。

 会合後の会見で黒田総裁は「これで、『早期に出口に向かうんじゃないか』『金利を引き上げるんじゃないか』といった一部の観測を完全に否定できると思う」と語っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1157文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。