先月末、日本銀行の金融政策決定会合において黒田東彦総裁は、異次元緩和を「より持続できるように」と、枠組みの変更を決めたといわれている。

 会合後の会見で黒田総裁は「これで、『早期に出口に向かうんじゃないか』『金利を引き上げるんじゃないか』といった一部の観測を完全に否定できると思う」と語っている。