民進党の蓮舫代表が、ご本人の戸籍情報の一部を公開して、昨年来くすぶっていたいわゆる「二重国籍問題」を説明するための記者会見を開いた。

 果たして、事態は、憂慮していた通りの形で進行しつつある。

 まず、蓮舫氏を攻撃していた人たちは、戸籍の一部開示では納得していない。彼らは、自分たちの戦術的な「勝利」に勢いづいて、さらなる攻撃に転じている。一方、この戸籍公開は、日本中の二重国籍者や、帰化日本人や、帰国子女や、混血の人々に要らぬ不安を与えている。最悪の展開だ。

(イラスト=小田嶋 隆)