安全保障関連法案は、7月16日の午後、衆議院本会議で、怒号が飛び交う中、与党単独で強行可決された。今回の法案は、改正と新法で11本の関連法案をひとつのセットとして一括提出したもので、そのやっつけ仕事ぶりからして議会の常識を逸脱している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1307文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題