7月9日、英政権内における欧州連合(EU)離脱に向けた最強硬派とされていたボリス・ジョンソン外相が、突然辞任した。

(イラスト=小田嶋 隆)

 これに先立って英政権内では、同8日には離脱交渉の英側代表を務めてきたデービッド・デービスEU離脱担当相が辞任していた。どうやら、英国のテリーザ・メイ政権は、閣内合意すらままならない末期的な状態を呈しつつあるようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1137文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。