この6月5日に、奄美空港で、LCC(格安航空会社)のバニラ・エアを利用した車椅子の男性が、タラップの階段を自力で上ることを強いられる事態が発生した。バニラ・エアは謝罪し、今後、車椅子でも搭乗できるように設備を整えるべく改めることを約束した。

(イラスト=小田嶋 隆)

 バニラ・エアは、奄美空港には車椅子を持ち上げる設備や、階段昇降機を設置しておらず、付き添いが車椅子を持ち上げたり、本人をおんぶすることも、危険だとして規則で認めていなかった。

 ちなみに、全日本空輸(ANA)では、「乗客にお声がけした上で体を抱えてお手伝いをして」おり、日本航空(JAL)やLCCのピーチ・アビエーションも、職員が体を抱えて機内まで案内するという。