外務省の英文のホームページでは、このたびの安保法制の審議の中でしきりに議論されている「武力行使との一体化」というフレーズに、“ittaika”という和製英語(むしろ「英製和語」かも)を当てているという話を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1431文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題