外務省の英文のホームページでは、このたびの安保法制の審議の中でしきりに議論されている「武力行使との一体化」というフレーズに、“ittaika”という和製英語(むしろ「英製和語」かも)を当てているという話を聞いた。