東京都議会議員選挙の告示を2日後に控えた6月21日、ツイッター上に、おどろくべきツイート(短文)が投稿された。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 それは「3つの『K』でわかる共産党ってどんな党?」というイラスト入りの短文で、内容は、共産党を「実績横取りのハイエナ政党」「オウムと同じ公安の調査対象」(北朝鮮は)「『危険ない』と的外れな発言」から成る「汚い!」「危険!」「北朝鮮!」の「3K」であると決めつけるものだった。

 これがツイッター内で拡散(リツイート)されると、騒ぎはネットの内側だけではおさまらず、複数の新聞が記事化する騒動に発展した。

 当該ツイートが人々を驚かせたのは、内容の過激さそのものよりも、書き手が無名のネトウヨや匿名の一言居士ではなくて、「公明党広報」を名乗る、歴とした公式アカウントだったからだ。

 仮にも与党の一角にある国政政党の公式アカウントが、こんなネトウヨの捨て台詞じみた文言を書き散らしたということになると、これは内容の当否をどうこう言う以前に、公党としての品位を問われる事態になる。

 都議選を間近に控えて、ライバル政党を攻撃したくなった気持ちはわかる。

 他党への批判自体も、どの党もやっていることではあるし、ものの言い方の苛烈さを脇に置けば、政党同士の批判合戦は、ある意味、健康な政治活動と言ってもよい。

 実際、ツイッター内でも「公明党と共産党が不倶戴天の敵なのは半世紀前からの鉄板の設定だぞ」という言い方で、公明党広報のツイートに過剰反応する人々をたしなめる意見は決して少なくなかった。