5月の中旬、日本各地で音楽教室を運営するヤマハ音楽振興会が、日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り訴訟を起こす方針を明らかにした、というニュースが流れてきた。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 焦点となっているのは、JASRACが来年の1月からの開始を目指している、音楽教室からの著作権料の徴収だ。

 JASRAC側の主張では、音楽教室側が生徒たちの前で演奏する行為が、著作権上、作曲家や作詞家などが占有する「演奏権」の侵害に当たるものとして、年間受講料の2.5%を徴する規定案を提示している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1087文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。