第29回三島由紀夫賞に蓮實重彦氏の『伯爵夫人』が選ばれた。新聞記事に添えられていた解説によれば、三島賞は、通例として「新鋭」に与えられることになっているのだそうで、その意味で、このたび、東京大学の総長などを歴任したフランス文学界の重鎮たる蓮實氏が受賞したことは、異例の事態ということになるらしい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1301文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。