ゴールデンウイーク初日に当たる4月29日、日本経済新聞は、朝刊に《「プレ金」熱じわり GW控えイベント続々》という見出しの記事を掲載した。連休直前に3回目を迎えたプレミアムフライデーの動向を扱う、いわゆる「じわり記事」というヤツで、「流行っている」「定着している」とは断言せず、単に新しい波の到来を暗示するにとどめる形だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1311文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題