ニュースバリューの評価は、私のような専門外の人間にとってはもちろん、専業のジャーナリストにとっても、簡単な仕事ではない。特にこのひと月ほどのように、次から次へと前代未聞の出来事が勃発すると、どのニュースを1面トップに持ってくるのかは、ことのほかむずかしい判断になるはずだ。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 4月16日の夜、野党所属の参議院議員が国会近くの路上で、現職の自衛官に罵倒されるという事件があった。概要を聞く限りでは、たいした話には聞こえない。どんな組織にでも跳ね上がりの変わり者はいるものだし、また、国会議員の職業柄を考えるなら、見知らぬ人間に罵声を浴びせられる程度……といっては気の毒だが、名前と顔を知られた人間にはありがちな出来事だとも言える。してみると、今回の偶発事態は、あえて記事化するには足りない「有名税」事案、であるようにも見える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り996文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。