日本バドミントン協会は、4月10日、東京都内で緊急理事会を開き、違法カジノ店での賭博を認めた桃田賢斗選手(21歳、NTT東日本)に対して無期限の競技会出場停止処分、賭博に誘った田児賢一選手(26歳、同)には無期限の登録抹消処分を科す旨を発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1343文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題