東芝は、昨年来伝えられている経営危機の報道を受けて、2月14日正午に、米国の原子力事業の具体的な損失額と、昨年4月から12月までの決算を発表することを内外にアナウンスしていた。ところが14日当日になってみると正午の予定は延期された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1312文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題