「歯舞」が咄嗟に読めるのかと問われると、実は、自信がない。「歯舞」もだが「咄嗟」もあやしい。たぶん、午前中は読めない。