2月8日の衆院予算委員会で、南スーダンのPKO(国連平和維持活動)に参加する陸上自衛隊の日報で、現地の「戦闘」が報告されていた問題に絡んで、稲田朋美防衛大臣は、「戦闘行為」の有無について、こう説明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1317文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題