1月26日、東京都が2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下東京五輪)の大会関連経費として、新たに約8100億円を計上すると発表した。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 まったく寝耳に水のニュースで、驚愕を禁じ得ない……と、ことさらに驚いてみせているこの書き方は、いささか白々しいだろうか?

 よろしい。告白する。私は驚いていない。賢明なる読者諸兄と同様、私は、ずっと前から予算が膨張するであろうことを予期していた。懸念の通りに事態が展開していることにちょっとあきれている。それだけのことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1101文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。