米国人ユーチューバー、ローガン・ポール氏(22)が、昨年の大みそかに投稿した動画が炎上している。内容は、「山梨県の青木ケ原樹海を訪れたポール氏とその一行が、現地で自殺によると思われる死体を発見して驚く」という筋立ての15分ほどのショートムービーなのだが、問題は、モザイク処理をしていたとはいえ、首つりによる死体を何度も接写している点だ。

(イラスト=小田嶋 隆)

 配信された動画が「面白がる」スタンスで撮影・編集されていたことも、人々を憤慨させた。動画の中のポール氏は、3つの目玉のついた宇宙人の顔みたいな緑色の帽子をかぶっている。この点だけを見ても、彼らの言う「自殺防止を訴える」ために動画を配信したというお話は、マトモには受けとめにくい。さらに、ツイッター上で拡散したシーンの中では、死体に向かって「おーい、生きてるか?」などと冗談を飛ばして笑うポール氏の姿が映っている。