NHKの報道によれば、高市早苗総務大臣は、総務省の仕事始め式で「個人情報カードのICチップの空き領域を活用して、民間企業のポイントカードやクレジットカードなど、それぞれのサービスに連携できる仕組みを総務省で構築してみたい」と述べ、マイナンバーカードの個人認証システムを活用して新たなサービスを展開したい考えを示し、省内に検討チームを発足させることを示唆したのだそうだ。