テロという残虐行為は、常に突然、予想外の衝撃とともにやってくる。11月13日の金曜日にパリで起きた同時多発テロもそうだった。当日、筆者は航空会社関係者と夕食を共にしていた。おのずと旅行業界とテロの影響も話題に上ったが、よもやその頃、パリで現実の事件が起きていたとは想像もしなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1522文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。