PROFILE

1940年生まれ。64年慶応義塾大学卒業、全日本空輸入社。2001年社長、05年会長、15年よりANAホールディングス相談役。アジアを軸に国際線事業を再編し、国内に依存した事業構造を大きく転換した。

(写真=陶山 勉)

「日本に『徴農制』を農業の衰退は国家の危機『農』の理解を広めよ」

 近年、主に自然科学分野で日本人のノーベル賞受賞ラッシュが続いている。その成果は幅広い産業分野に利用され、日本の工業や商業の発展に寄与している。

 資源に乏しく広大な国土も持たない我が国にとり、科学技術立国として高い競争力を持つことは極めて重要で、国民の関心が集まるのも当然のことだ。ただ、私はあえて「工業や商業にも増して重点的に取り組むべき産業がある」と言いたい。農業だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1181文字 / 全文1527文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。