日本企業も海外企業のM&A(合併・買収)を活発に行うようになってきた。人口減で国内市場が停滞する一方で、世界市場が一体化し、競争が激化した結果だろう。