PROFILE

1942年埼玉県生まれ。66年東大法卒。69年に家業である八百幸商店(現ヤオコー)に入社。85年社長。関東地盤の有力食品スーパーに成長させる。2007年に会長。09年から日本スーパーマーケット協会会長。

(写真=的野 弘路)

「AIが進化すればするほど『情』を深めなければ、経営のバランスは取れない」

 経営とはつくづく「理」と「情」のバランスだと思う。うちの会社はどちらかと言えば、「情」の部分が強い方だと思うが、やはり論理的に進めなければ会社の発展は望めない。一方で「理」だけでも、会社は回らない。「理」があって、それを「情」が包んで動かしていくのが会社なのだと思う。

 私がヤオコーに入ってすぐの頃は、まだ小さな商店のような会社だったので、以前から働いていた番頭さんなどがいた。経験や技術を磨いてきた彼らに論理ばかりを強調しても動いてはくれない。だから、一緒に酒を飲んだり話をしたりしながら、まず自分の人柄や考え、さらに言えば生き方を知ってもらう。そんなやり方で仕事を進めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1105文字 / 全文1559文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。