チェーンオペレーションは品ぞろえや店舗の運営を標準化する小売業の運営手法だ。19世紀後半に米国で広がり、日本にも1950年代に入ってきた。モノが足りない売り手市場の時代には有効だった。ダイエーなどが店舗を増やし百貨店の売り上げを抜いたのは、チェーンオペレーションが功を奏したからだ。