チェーンオペレーションは品ぞろえや店舗の運営を標準化する小売業の運営手法だ。19世紀後半に米国で広がり、日本にも1950年代に入ってきた。モノが足りない売り手市場の時代には有効だった。ダイエーなどが店舗を増やし百貨店の売り上げを抜いたのは、チェーンオペレーションが功を奏したからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1555文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年11月30日号 130ページより目次

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。