かつて、安岡正篤という国家主義者がいた。昭和天皇の「終戦の詔勅」に最終的に目を通して手を入れたほか、「平成」の元号を考案したとも言われている思想家である。1983年に85歳でこの世を去るまで、時の政治家や財界人など、数多くの権力者に進むべき道を指南し続けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1494文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。