東芝の不正会計に続いて、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガスデータを改ざんしていた問題で波紋が広がっている。2つの不祥事に共通するのは、株主を「偏重」する「株主資本主義」の弊害だ。そしてこうした弊害は企業の経営に「主権」という誤った政治思想を持ち込んだことからきている。