東芝の不正会計に続いて、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガスデータを改ざんしていた問題で波紋が広がっている。2つの不祥事に共通するのは、株主を「偏重」する「株主資本主義」の弊害だ。そしてこうした弊害は企業の経営に「主権」という誤った政治思想を持ち込んだことからきている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1577文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。