全1609文字
PROFILE

1935年生まれ。慶応義塾大学卒業、キッコーマン入社。米コロンビア大学経営大学院修了。95年社長、2004年会長、2011年から現職。2014年6月、日本生産性本部会長に就任。

(写真=陶山 勉)

「長期の交流があり、米国の各州は日本を高く評価している」

 米中の貿易摩擦問題が拡大し、世界経済への影響が心配される。その火の粉は日米間にも及ぼうとしている。ドナルド・トランプ米大統領が貿易赤字を問題視し、日本にも厳しい姿勢を示そうとしているからだ。

 米国の貿易赤字のうち日本の割合は、1991年には65%だったが、2017年は8.7%にまで減った。一方、中国の割合は47.2%だ。日本は米国に直接投資して約86万人(15年)の雇用を創出し、日系企業による米国からの輸出額は約757億ドルと国別で1位(同)だ。日本は米国経済に大きな貢献をしているのだが、なかなかうまく伝わらないようだ。