「主婦が主体的に働ける職場づくりは簡単でない。努力続ければ競争力に」

PROFILE
1942年埼玉県生まれ。66年東大法卒。69年に家業である八百幸商店(現ヤオコー)に入社。85年社長。関東地盤の有力食品スーパーに成長させる。2007年に会長。09年から日本スーパーマーケット協会会長。
(写真=的野 弘路)

 昨今の人手不足を背景に小売りや外食、サービス業など多くの企業がパートタイムの社員として主婦の採用を強化しようとしている。短時間勤務など働きやすさをアピールしたり、時給を引き上げたりといった動きが広がる。

 賃金相場は上昇しているが、高額な報酬で働き手を集めることができるような業種や企業は、ごく一部に限られる。やはり一人ひとりが生き生きと働けるような、社風や雰囲気をつくっていかなければいけない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1222文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。