全1575文字
PROFILE

1940年生まれ。64年慶応義塾大学卒業、全日本空輸入社。2001年社長、05年会長、15年よりANAホールディングス相談役。アジアを軸に国際線事業を再編し、国内に依存した事業構造を大きく転換した。

(写真=陶山 勉)

「移民問題一つとっても議論が未熟。内弁慶な日本人の弱みが表れる」

 私が全日本空輸(ANA)に入社して半世紀余りたった。今になって感慨深く思い起こされるのは、社長として経営の操縦かんを握った2001年からの4年間だ。

 01年9月11日に米同時多発テロが発生し、03年にはイラク戦争が勃発した。重症急性呼吸器症候群(SARS)が猛威を振るったのも03年だ。赤字続きだったANAの国際線事業は窮地に陥った。世界的な航空不況下で旅客数や貨物量が減り、業績が圧迫された。