戦後70年の節目を迎えて、戦争の相手国に対して「もう謝罪を続ける必要はない」といった趣旨の発言が聞かれるようになった。しかし私は、そう述べるのは時期尚早だと考えている。戦後のケジメが、全くついていないからだ。