戦後70年の節目を迎えて、戦争の相手国に対して「もう謝罪を続ける必要はない」といった趣旨の発言が聞かれるようになった。しかし私は、そう述べるのは時期尚早だと考えている。戦後のケジメが、全くついていないからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1514文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。