今回は企業価値について考えてみたい。コマツでは、「全ステークホルダーからの信頼の総和」が企業価値だと定義している。全ステークホルダーとは、社会、メディア、株主、金融機関、顧客、協力企業、販売代理店、社員を指すが、その中でも顧客だけは特別だ。なぜなら顧客から頂いた売り上げ、利益を他のステークホルダーに分配しているのだから。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1587文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年9月21日号 166ページより目次

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。