PROFILE

1947年生まれ。慶応義塾大学卒業後、大和証券(現在の大和証券グループ本社)に入社。2004年社長、11年会長、17年顧問、現職。女性活用や働き方改革に先鞭をつけた。

(写真=大槻 純一)

「進まない電線の地中化。機能や効率性だけでなく 美観にも配慮を」

 今年、ヘリコプターに乗って東京湾岸上空を飛ぶ貴重な機会に恵まれた。そこでとても驚いたのは、あちこちに、太陽光パネルでぎっしりと埋められた場所がたくさんあったことだ。いわゆる「メガソーラー」と呼ばれる大規模な太陽光発電所だが、こんなに建てられているとは知らなかった。

 再生可能エネルギーの観点から環境に優しい投資が進められているが、山肌を削って大量に並べられた太陽光パネルは本当にエコなのか。疑問を禁じ得ないものだった。景観の観点からも問題を感じる。地上から見えないからといって、自然の美しさを損なうものを作ってしまっていいのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1089文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。