安全保障関連法案を巡る審議が長引いている。集団的自衛権の行使を認めるかが焦点だが、自国と直接関係のない国・地域で武力を使うことが許されるのかどうか。法改正に向けた議論が、国民全体で十分に尽くされたとは思えない。