PROFILE
ジャーナリスト。1956年生まれ。英エコノミスト誌の元編集長。東京支局長を経験した知日派。『なぜ国家は壊れるのか』(PHP研究所)ではイタリアと日本の類似性などを分析。ドキュメンタリー映画の製作も手掛ける。
(写真=永川 智子)

「男性と同じ程度、女性のリーダーが日本の未来を作っていく」

 8月上旬、悲しい訃報が届いた。

 筆者が1993年から2006年まで英エコノミスト誌の編集長を務めていた当時の元同僚が、がんを患い、60歳という若さで亡くなった。

 彼女の名はヘレン・アレクサンダーという。1997年から2008年までエコノミスト・グループをCEO(最高経営責任者)として率いていた。英国では、メディア業界は他産業よりも女性の出世が早いといわれている。それでも女性がメディア企業のCEO職に就いていたのは珍しかったと思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1167文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。