日本の将来を考えると、正直、気分がめいりそうになる。国民にとっての一番の幸せは、安心した生活を送りながら、日本が世界の中で存在感を示せることだ。ところが、それを実現することは、かなりハードルが高い。夏休み明け早々、暗い話をすることになるが、次の世代のためにも改めて問題を指摘したい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1597文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。