「冷え込む若い世代の消費。
企業は利益還元できるか、国は信頼を取り戻せるか」

PROFILE
1942年埼玉県生まれ。66年東大法卒。69年に家業である八百幸商店(現ヤオコー)に入社。85年社長。関東地盤の有力食品スーパーに成長させる。2007年に会長。09年から日本スーパーマーケット協会会長。
(写真=的野 弘路)

 日本経済は消費の伸び悩みが大きな課題といわれる。なかでも若い世代の消費意欲が低い。スーパーマーケットの事業を経営するなかでも、それを日々感じざるを得ない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1347文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。