どんな企業にも本業がある。だが、昨今それが永久不滅とは言えなくなった。日本を代表する産業である自動車も例外ではない。今後、本格的にEV(電気自動車)が普及すれば、今の自動車とはかなり異なったモノになり、日本企業群が一定のシェアを握るという構図が一変する可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1588文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。