どんな企業にも本業がある。だが、昨今それが永久不滅とは言えなくなった。日本を代表する産業である自動車も例外ではない。今後、本格的にEV(電気自動車)が普及すれば、今の自動車とはかなり異なったモノになり、日本企業群が一定のシェアを握るという構図が一変する可能性がある。