先日、イタリアのミラノで開かれている国際博覧会(ミラノ万博)を視察する機会があった。「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに各国がパビリオンを出している。日本政府もクールジャパン戦略の一環として、世界で人気が高まる日本食や日本固有の食器などを「日本館」でアピールしている。開幕してから2カ月余りが過ぎた今でも、日本館には約1時間待ちの行列ができており、日本への関心の高さがうかがえる。