米国の大統領予備選で意外な候補が人気を集めた。バーニー・サンダース上院議員だ。7月12日に正式に候補から降りたが、「企業は株主だけのものではない」という彼の主張が、米シリコンバレーの経営者に多大な影響を与えていることを6月28日付の日本経済新聞で知り、感銘を受けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1537文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。