米国の大統領予備選で意外な候補が人気を集めた。バーニー・サンダース上院議員だ。7月12日に正式に候補から降りたが、「企業は株主だけのものではない」という彼の主張が、米シリコンバレーの経営者に多大な影響を与えていることを6月28日付の日本経済新聞で知り、感銘を受けた。